So-net無料ブログ作成

緑の飛行物体

昨日の大風で満開だった梅はかなりの花片が散ってしまった。このところ、毎日のように、つがいだと思われる、鶯がやってきて、梅の花の蜜を吸っているのだ。当然、声も出さずにやってきて、適当に吸ったらどこか別の場所に飛んでいくのだから、私は一人だったらその事に気付くこともなかったのである。
しかし、家には猫が四匹いて、鶯が飛んでくると、猫の様子がおかしくなるので、私にもわかるのである。
家の猫どもは、鶯が大いに気になる存在らしく、私が毎朝カーテンを開けると直ぐに、窓のそばに集まってきて、
一時間以上に渡り、外を眺めながら、じっと待っているのだ。えさを食べているときと寝ているとき以外は
ほとんど鶯を待っていると思えるほどに熱心なのである。そして、鶯がやってくると、一番小さな雌猫(ピコ)と、
一番のデブ子(プチ)がお尻を振りながら、頭を小刻みに動かし、おかしな小鳥のような声まで出でしまうのである。
猫どもは、外に出していないので、楽しい事は少なめであろうから、こんな些細な事がとても
楽しみになってしまったようである。
そして、もうすぐ梅が全部散ってしまうと、鶯がこなくなると思うが、来年も梅が咲いたら同じように、
密を吸いに来てほしいと思うのである。


共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。