So-net無料ブログ作成
検索選択
わけぎ ブログトップ

ポキポキおれて [わけぎ]

わけぎは昨日は鶏肉の水炊きにいれて、今朝は納豆にいれて食べた。ここ2、3日の強風で、折れ曲がったり、枯れたりしている葉が全体の4分の1ほどになってしまった。たしか以前に買って食べたわけぎはもっと太くて細葱に似ていたのだけれど、自宅のわけぎは随分と細い。これは、もしかすると別の種類の葱なのかもしれないと思えてくるのだが、あと何回か食べると、全てなくなるので、気にしても仕方がないようにも思えるのである。ところで、放置してあまり元気がなかったイチゴが最近元気を取り戻したようで、小さな花をいくつも咲かせている。石灰と肥料を入れておいただけなのだが、気候のが変わった所為なのか、肥料が効いたのかわからないが、元気になったのは嬉しいことである。アメリカシロヒトリに葉を殆ど齧られて、坊主になってしまったのが、8月末頃だったので、枯れてしまうかもと心配してはいたのだが、なんということもない。雑草のようなしぶとさである。


いつの間にやら [わけぎ]

毎日1センチ以上着実に芽を伸ばして生長したわけぎは私の予想よりもかなり細いが、いつのまにやら長いものでは30センチ位になって、長さに耐え切れずに折れ曲がったりしているものもある。私の勝手な想像で細葱位になると考えていたのだが、実際は竹串のような太さでしかなく、見た目にはそこら辺に生えている雑草と変わらない。昨日、一昨日と、うどんと味噌汁に入れて食べたが、これといった特徴も無く、やはり香りの強い細葱といった具合であるがとても有用な事は変わらない。これほど簡単に大きくなるならば、もっと植えておけば良かったのだが、ここは花壇であって畑ではなく、見た目にはあまり面白くないものを大量に植えようと考えないほうが良いのかもしれない。それよりも、色とりどりの花が咲くチューリップなどを沢山植えたほうが、私には性格的に良さそうである。それにしても、チューリップはすこしも芽を出さないが、生きているのか心配になる。この間わけぎを植えたばかりのときに、なかなか芽がでない(といっても数日間・・・だっだのだが)ので、一度引っこ抜いてみたら、白い髭根がびっしり生えていて驚いたことがあった。それゆえ、今回も同様に芽は出ていないが着実に準備をして、それは見えないところで進行していると思いたい。


わけぎ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。